不登校支援サイト「POCO a POCO」 

不登校の児童・生徒

2014年9月18日 / by yaadmin

不登校の人の原因はいろいろとありますね。

不登校という状況をどう考えているのか、どう思っているのか、性格によって違うでしょう。それによって、保護者の方の対応も変わってきますね。

不登校になる人

甘えが強い人は、テスト前の勉強で強いストレスを感じたり、他人との協調がうまくいかないこともあるそうです。そういった原因が不登校につながっていきます。

無力感の強い人は、学校を休みがちで、学校を欠席することに罪悪感を抱かないことがおおいそうです。

神経症の場合は、不安や緊張を感じたり、対人恐怖症や自傷行為などで学校へ行けなくなるパターンがあるそうです。

不登校になったら

甘えが強い人は、不登校になっても時間が経つとまた、回復するそうですが、やはり、困難なことからは逃れたいと考えます。復帰してからのサポートが必要です。

無力感の強い人は、不登校になっても、完全に人と合わないということは少ないそうです。回復も早く、学校の先生や友達の誘いで、登校するようになっていくそうです。

精神症を伴っている場合、不安感や緊張などを感じ、不登校になり、自分の部屋に引きこもるようになるそうです。

そうなってしまったら、早めに医療機関に相談したほうが良いでしょう。ひどい精神症の場合、自傷行為などをしてしまうこともあります。

精神症は時間をかけて治していく必要があります。

Comments are closed.