不登校支援サイト「POCO a POCO」 

不登校になった理由

2014年9月18日 / by yaadmin

不登校とは、何らかの理由で学校へ行かなくなることです。

不登校になってしまう原因は、いろいろありますね。人間関係のトラブル、嫌いな教師がいる、学校が面倒になってしまった。

学校へ行きたくない、または、行けない理由を考えてみましょう。

人間関係のトラブル

学校生活では、集団での行動が多いですよね。クラスメイト、クラス内のグループ、友達、人と関わらないことは、ほとんどありません。

人と接することが多い学校で、人間関係のトラブルは必ずおきます。クラスメイトとのちょっとしたケンカが、大きな問題に発展することもあります。

そういったトラブルが原因で、学校へ行けなくなった人は一旦、自宅で休むのも必要なことです。

学校嫌いになった

学校が嫌いになる理由もいくつかあると思います。

嫌いな授業がある、先生がいる。そもそも授業を受けるのが嫌になった。

学校へ行けないことはないが、行きたくないというのが理由になります。そして、自ら不登校を選んでしまいます。

行けないわけではないが不登校を選んでしまうと、なかなか復帰するのが難しくなります。

授業だけが学校ではないし、嫌いな先生も学校にいる間ずっと一緒にいるわけではありません。

どうしても学校に行きたくないという不登校児は、他に理由があるのかもしれません。

 

Comments are closed.