不登校支援サイト「POCO a POCO」 

不登校との付き合い方

2014年9月25日 / by yaadmin

不登校、と聞くとマイナスイメージがついて回り、情けない、だらけている、などのイメージを抱いてしまいますが、本人が一番今の状況を苦しんでおり、なんとかしたいと思っていることも多いです。

不登校になってしまった子供への接しかたで子供の未来を大きく変えることができます。
こちらから強く働き掛けるように接するのではなく、肯定してあげるように、優しく待つというのが実は大事なことなのです。

親など周囲の人から口うるさく家に閉じこもっていることについて言われてしまうと、かえって本人の気持ちが落ち込んでしまい、逆効果になってしまいます。悩んでいる本人の気持ちに優しく寄り添ってあげるというのが解決への一番の近道と言えます。

とはいえ何年何か月もほったらかしというのもいささか問題があります。そういうときこそ、周囲が段階を踏んでまた学校に行ける、行きたくなるようなきっかけ作りをしてあげるのが大事だと言えます。
周囲の目から見てどの程度の不登校の深刻さなのか目ざとくチェックしてあげて、それに合わせた対応をするのが大事だといえます。
場合によっては、不登校児自立支援センターに頼ってみるのも手かと思います。

ずるずると時間ばかり経ってしまうのは何より本人のためになりません。適切なタイミングに適切な働きかけをしてあげることが重要です。

Comments are closed.