不登校支援サイト「POCO a POCO」 

不登校になった理由をしっかり考察してみる

2015年5月22日 | | Permalink

不登校にまで至ってしまう理由はさまざまな展開が考えられるでしょう。
かなりの割合の人がこの深みにはまってしまっているだろう、人間関係の問題。
そこで生じてしまっている亀裂。
それによって、それが発端となって不登校になってしまって、結果的に高校中退…という人の多いこと。
いじめを受けてしまって、それを苦に不登校になってしまったパターンはまだ良いです。問題は誰にも悩みを打ち明けられずに自殺…。なんてことになってしまったら大変です。
いくら苦しいことが多いとしても、死んでしまっては元も子もありません。
失敗を取り返すことも、自分の人生を取り戻すことも、もう再び悩むことすらできないのです。
悩むというのはそもそも生者の特権と言ってしまえばそうなのかもしれません。
もしも人間関係の問題が不登校の発端、原因ならもう一度自分のコミュニケーションについて思い巡らしてみて、なんとかできる部分が無いか考えてみましょう。

参考:高校を中退した方の場合(http://www.studiolali.be/)


不登校である悩みを誰かに相談した?

あなたはもしかしたら、自分の抱えている問題を自分の中だけで対処しようとしてはいませんか?
もやもやした、漠然とした悩みを抱えていると、挙動も態度もすべてが鬱屈してきてそれを見た人の印象も悪くなります。
できるだけ思いは外に発散して、すっきりした見た目と態度で世の中に対して向き合っていくことが大切です。
もし学校生活で悩みがあるのなら早めに誰かに打ち明けるということ。
その相手は何も実際の知り合いでなくともかまいません。電話での相談や、インターネットで相談するという選択肢も頭に入れておいてください。
外に想いを、考えをアウトプットするということ。これは生き抜く上でとても重要なファクターです。


勉強の悩みで不登校になってしまうパターン

他のクラスメイトに勉強でついていけなくて、それをきっかけにして不登校になってしまう人も多くいます。
クラスメイトはあんなに勉強を順調に進めているのに自分は…。
そんな悩みを苦にしてしまう人も多いでしょう。
テストの結果が芳しくなかったというパターンもあるかもしれません。
これもそうですが、その勉強にまつわる悩みを早めに先生や周りの大人に打ち明けて、解決の糸口を教えてもらうことができるでしょう。
自分だけで悩んでいても、解決までこぎつけるのは難しいです。
端的に言って、不登校になってしまう一番の理由は一人でなんでも抱え込んでしまっていることによるものでしょう。

不登校になってしまっている人ってどのくらいいるの?

2015年10月23日 | | Permalink

抱えている原因は様々ですが、学校に通う事が出来なくなってしまっている方も居ます。
近年では不登校になってしまっている方が増えてしまっており、それが問題になっています。学校に通えないというのはやはりそれなりの理由があるわけですが、その理由になっていることを解決することが出来ない限り改善することが出来ません。どうして学校へ通えなくなってしまうのか、その理由は授業内容や友達との関係など様々な事が考えられます。不登校といっても、小学生と中学生では理由が大きく分かれてきます。小学生の場合は「不安とか情緒的混乱」となっており、中学生は「無気力」が最も多い理由となっています。小学生も中学生も悩みの種は同じで、その悩みをどのように解決すべきなのか分からず、家から出たくないという形になってしまうのでしょう。


学年別で不登校生の割合を見てみる

小学生と中学生の理由が異なるだけではなく、実は学年別でのデータも出ています。
小学生の場合は高学年になるにつれて不登校になってしまっている方が多くなっているのです。その理由は、授業内容が少しずつ難しくなっていき理解できずに嫌になってしまうというものや、友達と上手に付き合えないというもの。小学生と言っても高学年になれば少しずつ物事を考えられるようになるので、それが影響しているのかもしれませんね。それが中学生になると、不登校になっている方の数がさらに増えていくことになります。中学生はちょうど反抗期とぶつかる時期というのも影響しているのか、親との関係も悪くなり不登校になってしまう方も居るようです。いじめが原因ということは少なくなってきているようですが、友人とのトラブルが原因となってしまっていることが多い様子。


男女比について

学校に通えなくなってしまっているのは男性だけではなくて女性も同じです。
現在不登校になってしまっているその男女比はどのようになっているのでしょうか。小学校は男女五分五分というデータが出ていますが、中学校になると男性の方が若干女性よりも多くなっているようです。あまり大きな差はありませんが、不登校で悩んでいるのは男女関係なく多いという事です。少しずつ改善していけたら良いのですが、なかなか現実的には厳しい事なので手を出すことも出来ないのでしょう。高校になると不登校というよりも中退してしまう方が多くなります。中学校の頃に不登校だった生徒が高校へ進学しても、やはりうまくいかず辞めてしまうケースが多いようです。

不登校にまつわる病気

2014年10月9日 | | Permalink

不登校といえば、いじめなどの人間関係が原因と思われがちですが、本当にそれだけが原因なのでしょうか。
他にも勉強面での問題を抱えている子供も不登校になってしまいがちです。
さらに、根本的な不登校になってしまうような病気を患っている場合もあるみたいですよ。


不登校に関係がある病気

不登校になってしまう子供のなかには学習障害(LD)や、注意欠陥多動性障害(ADHD)といった発達障害の症状から学校にいけなくなってしまう子供もいます。
そういう場合は無理に学校にいけと追い立てたり、外に連れ出して子供を苦しませるようなことがあってはいけません。
専門のお医者様の治療を受けるなどして、解決を目指しましょう。


病気になってしまったら授業は受けられないの?

そういった症状がきっかけにコミュニケーションや学業に支障をきたしてしまい、結果的に不登校になってしまっていると勉強面でおいて行かれるばかり。
そういう時にはそういった人専用の学校も用意されており、そちらに通うことにより学校も出席扱いになり、通常と同じ授業を受けることができます。
不登校児専用の学校の数も年々増えていますし、そちらに頼るのも必要になってくるかもしれませんね。

不登校との付き合い方

2014年9月25日 | | Permalink

不登校、と聞くとマイナスイメージがついて回り、情けない、だらけている、などのイメージを抱いてしまいますが、本人が一番今の状況を苦しんでおり、なんとかしたいと思っていることも多いです。

不登校になってしまった子供への接しかたで子供の未来を大きく変えることができます。
こちらから強く働き掛けるように接するのではなく、肯定してあげるように、優しく待つというのが実は大事なことなのです。

親など周囲の人から口うるさく家に閉じこもっていることについて言われてしまうと、かえって本人の気持ちが落ち込んでしまい、逆効果になってしまいます。悩んでいる本人の気持ちに優しく寄り添ってあげるというのが解決への一番の近道と言えます。

とはいえ何年何か月もほったらかしというのもいささか問題があります。そういうときこそ、周囲が段階を踏んでまた学校に行ける、行きたくなるようなきっかけ作りをしてあげるのが大事だと言えます。
周囲の目から見てどの程度の不登校の深刻さなのか目ざとくチェックしてあげて、それに合わせた対応をするのが大事だといえます。
場合によっては、不登校児自立支援センターに頼ってみるのも手かと思います。

ずるずると時間ばかり経ってしまうのは何より本人のためになりません。適切なタイミングに適切な働きかけをしてあげることが重要です。

不登校からの復帰

2014年9月18日 | | Permalink

不登校になったとしても、復帰することはできます。

そのためには、保護者の方のサポートが必要になります。

不登校になってしまったからといって、見捨てるのではなく、問題可決やサポートをして、早期復帰をさせてあげることが良いでしょう。

不登校中の対応

不登校になった、子供は何かしらの問題を抱えていると思います。攻撃性が増したり、コミュニケーションが減ったりしますが、保護者の方はやさしく見守って、子供の気持ちを安定させる必要があります。

子供が落ち着いてきたら、学校には行かないが、日常的な生活を送るようになります。そこで、厳しいことはいわず、子供のまたやり直す気持ちを溜めさせましょう。

復帰し始めたら

不登校を経て、子供がまた学校に行けるようになっても、一安心ではありますが、油断はできません。

学校へ行ったからといって、あまり多くを望まず、一旦は学校へ行き始めたことを喜びましょう。

子供の生活が元に戻りつつある時期に、完全に元に戻ったと思い、いろいろといってしまうのは危険です。元の生活に戻りつつある子供をサポートしていくのはとても重要なことです。

保護者の方は、もどかしさや疲れを感じるとは思いますが、子供にとっては必要な存在です。

不登校の児童・生徒

2014年9月18日 | | Permalink

不登校の人の原因はいろいろとありますね。

不登校という状況をどう考えているのか、どう思っているのか、性格によって違うでしょう。それによって、保護者の方の対応も変わってきますね。

不登校になる人

甘えが強い人は、テスト前の勉強で強いストレスを感じたり、他人との協調がうまくいかないこともあるそうです。そういった原因が不登校につながっていきます。

無力感の強い人は、学校を休みがちで、学校を欠席することに罪悪感を抱かないことがおおいそうです。

神経症の場合は、不安や緊張を感じたり、対人恐怖症や自傷行為などで学校へ行けなくなるパターンがあるそうです。

不登校になったら

甘えが強い人は、不登校になっても時間が経つとまた、回復するそうですが、やはり、困難なことからは逃れたいと考えます。復帰してからのサポートが必要です。

無力感の強い人は、不登校になっても、完全に人と合わないということは少ないそうです。回復も早く、学校の先生や友達の誘いで、登校するようになっていくそうです。

精神症を伴っている場合、不安感や緊張などを感じ、不登校になり、自分の部屋に引きこもるようになるそうです。

そうなってしまったら、早めに医療機関に相談したほうが良いでしょう。ひどい精神症の場合、自傷行為などをしてしまうこともあります。

精神症は時間をかけて治していく必要があります。

不登校の中学生

2014年9月18日 | | Permalink

中学生の不登校にも、さまざまな原因があります。

学年によって違った悩みもでてくるでしょう。小学校を卒業したばかりの中学一年生。中学を一年間過ごして、中学に慣れ親しんできた中学二年生。受験や進路の悩みを抱えた中学三年生。

中学一年、二年生

一年生に多い原因としては、小学生時代との環境の変化です。中学校になると先輩の存在が大きくなったり、テスト勉強などの勉強量の増加などもあります。小学校の環境の変化についていけずに、不登校になってしまうそうです。

二年生は、中学生活を一年間過ごしてきて、慣れてくる頃で、一年、三年生に比べると不登校になる生徒は少ないほうです。とはいえ、慣れてきた生活の中で感じる心の変化などで、不登校になってしまうこともあるとおもいます。

将来に不安を抱えた三年生

中学三年生は、進路に悩む学年ですよね。進学を考える生徒、進学せず働くことを考える生徒。

中学三年生で不登校になる人も、少ないそうですが、将来への不安や無力感が原因で、学校を休みがちになり、不登校になってしまうパターンもあります。

将来への不安などは、進路相談の先生や担任の先生、親などを頼って、不登校になってしまうのを防ぎましょう。

不登校児の心理状態

2014年9月18日 | | Permalink

 

専門的なカウンセラーに不登校になってしまった児童、生徒の心理状態を診断してもらってはどうでしょうか。

専門的なカウンセラーに診てもらえば、不登校から抜け出せる可能性もありますよね。

不登校児の抱える問題にもよると思いますが、立ち直るチャンスになるかもしれません。

専門的な不登校カウンセラー

カウンセリングを受けることで、解決できる問題もあるのではないでしょうか。

不登校になってしまった原因の解明など、カウンセラーになら話せることもあると思います。

心の問題は、簡単に解決できるものではありませんが、家にずっといるより、はるかに問題可決の助けになってくれるはずです。

不登校の解決につながる可能性は高いと思われます。

診断でわかること

カウンセラーの診断で、不登校児に心の病気があるのかどうか、がわかります。

うつ病が原因で不登校になってしまうというのは、珍しいことではありません。不登校児童、生徒の心の病の診断は必要です。不登校の原因がうつ病などの心の病なら、カウンセラーの力を借りて、対処していく必要があります。

心の病は、簡単には治りませんが、不登校児童、生徒のためにカウンセリングを続けていくことが必要ですね。

 

 

 

不登校になった理由

2014年9月18日 | | Permalink

不登校とは、何らかの理由で学校へ行かなくなることです。

不登校になってしまう原因は、いろいろありますね。人間関係のトラブル、嫌いな教師がいる、学校が面倒になってしまった。

学校へ行きたくない、または、行けない理由を考えてみましょう。

人間関係のトラブル

学校生活では、集団での行動が多いですよね。クラスメイト、クラス内のグループ、友達、人と関わらないことは、ほとんどありません。

人と接することが多い学校で、人間関係のトラブルは必ずおきます。クラスメイトとのちょっとしたケンカが、大きな問題に発展することもあります。

そういったトラブルが原因で、学校へ行けなくなった人は一旦、自宅で休むのも必要なことです。

学校嫌いになった

学校が嫌いになる理由もいくつかあると思います。

嫌いな授業がある、先生がいる。そもそも授業を受けるのが嫌になった。

学校へ行けないことはないが、行きたくないというのが理由になります。そして、自ら不登校を選んでしまいます。

行けないわけではないが不登校を選んでしまうと、なかなか復帰するのが難しくなります。

授業だけが学校ではないし、嫌いな先生も学校にいる間ずっと一緒にいるわけではありません。

どうしても学校に行きたくないという不登校児は、他に理由があるのかもしれません。